2006年12月17日

京漬物工房 池西:京都市北区

鴨川沿いの遊歩道の終点近くにある漬け物屋さんです。

鴨川沿いの遊歩道を通学橋の終点まで走り、京都駅方向へ帰ろうと道路へ出て「おつけもの小売りします」の看板を発見。ちょうど漬け物のお店を探すつもりだったので、ちょっと立ち寄ってみました。お店にはいるとすぐ目の前にある棚に並ぶおつけものの数々。店主の池西さん自ら漬けた野菜をパッケージして、そのまま店頭に並べているそうです。使う野菜は徹底して京都産を使用。野菜と漬け方に対する、相当なこだわりを聞かせていただきました。
京都ポタ初日だったこの時は、とりあえず3袋を購入。そして京都を離れる前日にまた、おみやげとして買いに行っちゃいました。すべて池西さんお一人でお仕事されてますので、数に限りがあります。伺う際には電話で伺ってみましょう。

京漬物工房 池西:京都市北区

京漬物工房 池西:京都市北区
胡瓜こだわり漬け 315円
池西さんが特に「今日のは出来が良いよ」とおっしゃっていただけあり、
ほどよい酸味の中に、さわやかな旨みが味わえる逸品でした。

京漬物工房 池西:京都市北区
紅かぶら 315円
甘酸っぱいとても柔らかな風味。
お茶のアテにもぴったりです。

京漬物工房 池西:京都市北区
刻み壬生菜 315円
ザクザクと歯ごたえの良いしょうゆ漬け。
お茶漬けにしても美味しかった!

京漬物工房 池西:京都市北区

京漬物工房 池西
京都市北区西賀茂山の森町9番地
075-491-7220
京漬物工房 池西ウェブサイト

12月 17, 2006 うどん・蕎麦・和食, 京都・大阪, グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日

静岡おでん:静岡県静岡市

伺ったのが連休中ということもあって、静岡市内のおでん屋さんのほとんどが閉まってました。期待していた静岡のおでん処青葉おでん街は全店舗閉店。青葉横町はほとんどの店が予約済み。しかもちょっと一見さんひとりでは入りづらい雰囲気でした。そんな中でやっと見つけたのがこちらの2つのお店です。こんなのんびりした雰囲気を想像して静岡まで来たんですよ! 両方とも、そんな期待を裏切らないお店でした。

いわらや
清水方面から静岡市へ、太平洋岸自転車道をずっと行くとたどり着くのが大浜公園。その目の前にあるのがこちらのいわらやさんです。おばあちゃんがやっている駄菓子やなのですが、入るとすぐにおでん鍋が。ぐつぐつと煮立つ真っ黒いスープはかなり独特で、初めて見る方は少し引くかもしれません。でも食べるとやさしいまろやかな味。見た目のほど塩分の強さや、油っぽさを感じません。きっと地元の子供達の大事なタンパク源になっているのだろうと思ったら、同時に入ってきた子供達は、おでんには見向きもせずに出ていったり。普段から接していると、この美味しさは気がつかないのかもしれませんが、初めて食べる人間にはちょっと衝撃でしたよ。買うとトレイに乗せて持って行けるので、海を眺めながら食べるとおいしさ倍増です。

静岡おでん:静岡県静岡市:いわらや
真っ黒に煮立つおでん鍋。果たして食べ物なのか、一瞬迷います。

静岡おでん:静岡県静岡市:いわらや
おいしそう!具は練り物が中心。上に掛かる削り節が香ばしいです。

静岡おでん:静岡県静岡市:いわらや
海とナルト。
潮風に吹かれながら頂くおでんは格別でした。

静岡おでん:静岡県静岡市:いわらや

いわらや
静岡市駿河区西島1258
営業時間:11時頃~17時30分頃
定休日:火曜日(不定休)
電話番号:054-283-8333

松芳堂
いわらやさんの後の2件目がなかなか見つからず、暗くなってきた市街を途方に暮れながら散策。あきらめかけて普通にご飯を食べて帰ろうかと思った時、こちらの松芳堂さんを発見できました。そうそう、おでんでちょっと一杯な飲み屋じゃなくて、こんな地元の小学生御用達な感じのお店を探していたんです。全くのノーマークなお店だったので、とても運が良かったかも。おでん鍋はいわらやさんほどの見た目のインパクトはありませんでしたが、こちらのおでんもやさしいまろやかな味。通学路にこんなお店あったら、きっと毎日食べちゃうかも。あとから調べたら、元々お団子が有名なお店なんですね。名物「十団子」食べ損ねました。もし行かれる方は、おでんと一緒にお団子もぜひ。

静岡おでん:静岡県静岡市:松芳堂


静岡おでん:静岡県静岡市:松芳堂


静岡おでん:静岡県静岡市:松芳堂


静岡おでん:静岡県静岡市:松芳堂

松芳堂
静岡市葵区駒形通1-1-1
営業時間:11時~20時
定休日:不定休
電話番号:054-251-2604

静岡おでん:静岡県静岡市:静岡おでんマップ
静岡おでんマップもありました。駅の観光案内所で貰えます。

8月 16, 2006 うどん・蕎麦・和食, 静岡おでん, 静岡・富士宮, グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 2日

お刺し身専門お食事処 魚福:静岡県清水市

静岡県清水インター近くの刺身専門店です。

清水周辺で魚を手軽に食べたい方にオススメのお店。この周辺は寿司屋さんは多いのですが、刺身でマグロを食べられるのはこちらのお店だけだそうです。気張って寿司屋に行くほどではないけど、魚でちゃんとごはんが食べたい、というニーズは多いのでは。雰囲気も全然居酒屋な感じでは無く、定食メニューがとても豊富。お酒を飲まない方も十分に楽しめますよ。自転車旅行していると、こういうお店が一番嬉しかったりします。

お刺し身専門お食事処 魚福
盛り合わせ定食 1500円(赤身をトロにすると200円UP)

お刺し身専門お食事処 魚福
海の幸がもりだくさんです。

お刺し身専門お食事処 魚福
赤身をトロにしてみました。口の中でとろけます。

お刺し身専門お食事処 魚福
中落ちも新鮮美味。

お刺し身専門お食事処 魚福5
エビの下にはホタテが! 嬉しいサプライズ。

お刺し身専門お食事処 魚福
清水IC前のこの看板が目印。

お刺し身専門お食事処 魚福
静岡県静岡市清水区西久保19-1
営業時間:11時~14時 17時~20時
定休日:水曜日
電話番号:0543-64-8421

7月 2, 2006 うどん・蕎麦・和食, 静岡・富士宮, グルメ・クッキング | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月21日

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区

国道1号線沿い、東戸塚駅近くの和食店です。

本店は鎌倉鶴岡八幡宮前のお店。神奈川県内に計6店舗を構えてます。基本的にどの店舗も会席料理と創作そばが基本ですが、こちらの東戸塚店では親子丼が代表的なメニューになってるようです。お店の前には「至福 親子丼」と、走行中にも良く見えるほどの大きな看板が! ちょうどお昼時ということもあり、さっそく入って親子丼を注文しちゃいました。とっろとろの半熟卵と、ご飯のつゆだくさ加減が絶妙なバランスです。甘さがちょっと控えめになっているつゆは、だしの風味が前面に出ていて全体を引き立てています。お箸と一緒に、スプーンも初めから出してくれるのは嬉しい心遣いです。

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区
至福 親子丼 1050円

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区
絶妙なとろとろ具合。

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区
スプーンでおつゆも一緒にいただきます。

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区
そばコロッケ

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店:神奈川県戸塚区

鎌倉 峰本(みねもと)東戸塚店
神奈川県戸塚区前田町99 
営業時間:11時30分~21時
定休日:無休
電話番号:045-823-6418

6月 21, 2006 うどん・蕎麦・和食, 神奈川・小田原, グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月19日

うなぎ 松宮川:元麻布

六本木ヒルズから(元?)テレ朝通りを、広尾方面に歩くとあるうなぎ屋さんです。

場所はちょっとわかりずらいかもしれませんが、前を通れば看板出てるので分かると思います。専門店ならではのふっくらとした、つやつやのおいしいうなぎを食べさせてくれるお店です。お店自体は結構小さくて、すぐにいっぱいになってしまいます。ランチ時はちょっと待たされるかも。でもタイミングが良いと1000円でうな丼が食べられたりします。うなぎもさることながら、ちょっと固めに炊いたご飯に絡むタレのバランスが絶妙。さすがうなぎ屋のうな丼はちがうなぁ、と一口一口食べるごとに感じてしまうのでした。

mathumiyagawa1
うな丼 1300円

mathumiyagawa2
この日はランチサービスで1000円でした。

mathumiyagawa3
つやつやふっくら。

mathumiyagawa4

うなぎ 松宮川
東京都港区元麻布3-2-20-101
03-3405-5757

2月 19, 2005 うどん・蕎麦・和食, 六本木・麻布・麻布十番, グルメ・クッキング | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年2月 8日

賛否両論:渋谷区恵比寿

恵比寿駅東口から歩いて10分程のところにある日本料理のお店です。

またまた恵比寿の予約の取れないお店。ここもまた友人に予約を取ってもらって行けました。店名の賛否両論から、さぞ挑発的な創作和食が出ると勝手に思い込んでいたのですが、出てきたのはどれもスタンダードな日本料理の数々。だしの味がしっかりと香る、とてもやさしい味で逆に意表を突かれました。
メニューはデザートも含め全部で10品。次から次へ、しかしゆっくりとしたペースで出される料理たちにもうメロメロです。特にかぶら蒸しはとても好みな感じで、「うぅー、お、おかわりください!」と言いそうになったのですが、後が入らなくなるので我慢。料理だけで9品も出るので、全体のボリュームは相当なもんですよ。すこし甘めな味付けの感じがしましたが、1品1品の完成度が高く、最後までとっても美味しくいただけました。デザートはなんと、いくつ注文しても良いそうです。調子に乗って頼みすぎると、最後の最後でお腹が大変なことになるので気をつけて!

sanpi01

sanpi02 sanpi03 sanpi04 sanpi05

sanpi06

sanpi07

sanpi08 sanpi081 sanpi09 sanpi10

sanpi11

sanpi12 sanpi121 sanpi13 sanpi14

sanpi15
コース10品 5000円 (22時まで。22時以降はアラカルトで注文可)
小さい画像はクリックすると拡大して見られます。
IE以外のブラウザでは表示が崩れる場合があります。ご了承ください。

賛否両論
18:00~AM2:00 LO AM1:00 日休
東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル1階
03-3440-5572

2月 8, 2005 うどん・蕎麦・和食, 恵比寿・代官山・中目黒, グルメ・クッキング | | コメント (6) | トラックバック (4)

2005年1月26日

手打ちつけうどん めんこや:渋谷区幡ヶ谷

甲州街道沿い、京王線幡ヶ谷近くのうどん屋さんです。

みなさんは「武蔵野うどん」ってご存知ですか?
香川の讃岐うどんや愛媛の味噌煮込みうどんなど、各地方にはいろいろなご当地うどんがあったりしますよね。でも関東地方、特に東京近郊のご当地うどんってナニ?ぱっとは思いつかない、ていうかそんなの元から知らないとゆう方も多いかと思われますが、あるんですよ実は!それがこの「武蔵野うどん」なのです。さらっとしたアツアツの醤油味のつけ汁に、コシが強くモチモチした麺をくぐらせて食べるつけめんスタイル。つゆには関東地方の名産でもある豚肉やねぎ、きのこなど具がたっぷり。麺も打つときにわざとちぢれさせ、さらっとしたつゆが絡まりやすいようにしています。
東京と言っても西東京から埼玉近辺が中心なのですが、新宿の近くでも気軽に食べさせてくれるのがこのお店。麺には強いこだわりを持っているそうで、注文を受けてから、打ち立て茹で立てを食べさせてくれます。豚肉のダシがたっぷりと出たつゆは旨みたっぷり。ワイルドにちぢれた麺が口の中で弾けるのがなかなか心地よいのですよ。うどんといえば讃岐だろう!という方にも一度食べてもらいたいうどんです。

menkoya1
肉汁うどん 850円

menkoya2
具は豚肉とねぎが武蔵野うどんの基本形。

menkoya3
コシは讃岐に負けないくらい強いですよ。

menkoya4

手打ちつけうどん めんこや
11:30~25:30 日休
渋谷区幡ヶ谷1-2-7 松井ビル1F
03-3320-4455

1月 26, 2005 うどん・蕎麦・和食, 代々木・初台・笹塚, グルメ・クッキング | | コメント (4) | トラックバック (1)

2004年9月30日

ことり&アサヒ:愛媛県松山

松山にある鍋焼きうどん専門店の2件です。

自転車旅行へ行くときはその地元の食べ物を調べてから行くのですが、松山の場合はこの鍋焼きうどんが出てきました。どうやら松山の定番の食べ物らしく、実際店にも地元の方々でいっぱいでした。松山は四国なのでうどんの基本は、もちろんさぬきうどんなのですが、ここの鍋焼きうどんは太めでとてもやわらか。どこか懐かしい、とってもやさしい味でした。なんといってもアルミの鍋が良い雰囲気を出しています。基本的に2件とも店の位置がとても近いので同じ記事として掲載させていただきました。

kotory1.jpg
ことりの鍋焼きうどんは太めの麺にあっさりつゆです。

kotory2.jpg
鍋焼うどん430円 いなり220円

kotory3.jpg
鍋はどちらのお店も同じ物みたいです。

asahi1.jpg
アサヒの鍋焼きうどんはちょっと細めで甘めのつゆ。

asahi2.jpg
鍋焼うどん430円+卵

asahi3.jpg
どちらも歩いて30秒も掛からないほど近くにあります。

鍋焼きうどん ことり
10:00~18:00 水休
愛媛県松山市湊町3-7-2
089-921-3003

鍋焼きうどん アサヒ
10:00~18:30 水休
愛媛県松山市湊町3-10-11
089-921-6470

9月 30, 2004 うどん・蕎麦・和食, 愛媛県松山, グルメ・クッキング | | コメント (3) | トラックバック (1)

2004年9月 3日

もみぢ家:港区六本木

新カテゴリー「六本木ヒルズランチ」始めました!
六本木ヒルズの中だけじゃなく、周辺のランチ情報も合わせてお届けします。

六本木の麻布警察署の裏手にある和食ダイニングのお店です。

店の中央にいけすがあり、ちょっと高級な感じのお店です。いけすを見ると伊勢えびがたくさん居ます。その伊勢えびを使って作る「伊勢えびの天丼と とりの汁ばんさい えびみその和え物・香の物付」を注文しました。なんと伊勢えびの天丼!さすがに初めての体験です。出てきた天ぷらはとても肉厚でプリプリした歯ごたえ。香りがしっかりしていて、さすが伊勢えびは天ぷらにも相性が良かったです。一緒に出てきたえびみその和え物が美味しい!濃厚なえびみそのソースで水菜を和えてあり、和風サラダみたいな感じでとても良かったです。1800円はランチとして考えると高級ですが、ちょっと贅沢したい気分の時にはとても良いのではないでしょうか。

momijiya1.jpg
野菜もサクサクに揚がってます。

momijiya2.jpg
プリプリサクサクの伊勢えび天ぷらです。

momijiya3.jpg
伊勢えびの天丼と とりの汁ばんさい えびみその和え物・香の物付 1800円

momijiya4.jpg
もちろん活きてます。

もみぢ家
11:30~15:00 5:00~11:30(日・祝~11:00)
港区六本木6-1-12 六本木アサノビル1F
03-3479-0400

9月 3, 2004 うどん・蕎麦・和食, 六本木・麻布・麻布十番, グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月14日

うどん さぬき川福:愛媛県松山

四国香川の名店、川福の松山店です。

実はここに来るのは今回で2回目なのですが、毎回感動します。あえて言うならうどんの芸術品。表面の滑らかさはまるでエナメルのようです。麺の練り方や太さにも工夫がされているようで、さぬき特有のしっかりしたコシはあえて抑え、舌触りと喉越しを増して全体のバランスを美しく仕上げています。今回食べたのはぶっかけうどんと一番人気のざる天ぷら。ぶっかけうどんはまるで冷やし中華のように混然と具が乗っていますが、うどんと具を特製のつゆが掛け合わせ、口の中で弾けます。ざるうどんも同じく、なめらかなうどんがつゆによってさらに滑らかさを増して、最高の舌触りと喉越しを感じさせてくれます。

毎回思うのですが、ここのうどんは絶対東京の人が大好きです。現在はまだ大阪までしか支店は無いようですが、是非東京にも進出して頂きたいです。

matuyama_kawahuku1.jpg
ぶっかけうどん 683円

matuyama_kawahuku2.jpg
エナメルのようなツヤ

matuyama_kawahuku4.jpg
ざる天ぷら 998円

matuyama_kawahuku3.jpg
見るだけで喉がこそばゆくなります?!

さぬき川福 湊町店
10:30~23:00 無休
愛媛県松山市湊町3-4-13
947-0470

8月 14, 2004 うどん・蕎麦・和食, 愛媛県松山, グルメ・クッキング | | コメント (8) | トラックバック (0)

2004年6月 5日

しみず食堂:広島県尾道

尾道駅から徒歩3分、尾道水道沿いのボードウォークの所にある食堂です。なんというか、ここはなごみ系定食屋というか、テラス席で食事しているとすごくのんびりした気持ちになれるお店です。

メニューは定食など焼魚が豊富でいろいろ組み合わせて定食に出来ますが今回は中華うどんときつねずしを頼んでみました。中華うどんは名前の通り中華そばのスープにうどんが入ったもの。意外な組み合わせですが、あっさり味のスープに柔らかめのうどんがなかなか合うのです。うどんがソフトめんのようで、どこか懐かしい味がしました。きつねずしはちょっと甘辛でスープと良く合います。

食べているとお店のおやじさんやおかみさんが「おにいさん、どこから来たのー?東京かあ、なんぎだねー」と話しかけてくれたりします。テラス席の前の尾道水道にはゆっくりと渡船が行き交い、潮風が頬をくすぐります。尾道という街全体がそうなのですが、特にここはのんびりと時間が流れてるような感じがしました。

shimizushokudo1.jpg
中華うどん 370円

shimizushokudo2.jpg
ソフトな食感のうどん。

shimizushokudo3.jpg
きつねずし 110円

shimizushokudo4.jpg
お店の前から見える風景です。

しみず食堂
9:00~19:00 水休
広島県尾道市東御所町60-8
0848-23-5283 

6月 5, 2004 うどん・蕎麦・和食, 広島県尾道, グルメ・クッキング | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年5月14日

叙々苑牛丼ランチ:新宿高田馬場

先日のお昼に高田馬場の叙々苑の前を通ったら、ランチメニューに牛丼の写真があるじゃないですか。叙々苑まで牛丼やってるんだあ・・・「良質吟味 極上の牛丼」。値段を見てみると850円。牛肉無いからって大きく出るなあ叙々苑。まあきっと和牛なんでしょうね。ちょうどお昼もまだだったので、試しに食べてみることにしました。

メニューの中身は牛丼、キムチ、青菜、わかめスープ、食後にコーヒーです。待つこと5分〜10分ほどして出てきました。まず思ったのが、結構肉のボリュームがある。ていうか、上から見ただけでも肉が厚いのが分かります。さすが焼肉店ですね。わかめスープも美味しそう。ちゃんと叙々苑のスープでした。あたりまえなんですけど(汗。
肝心の牛丼の味付けは吉野家に比べて少し甘めかな、という感じです。もしかして焼肉タレを隠し味に使ってたりするのかな?肉は厚くて食べ応えがあります。ただ、他の牛丼チェーンの薄い肉に比べて堅く感じる人も居そうですね。まあ煮込む料理だからしょうがないのですが。俺は結構美味しく頂きました!会計の時に店員さんに聞いてみるとやはり和牛だそうです。ていうか、新聞の記事にもなったんですね、知らなかった(汗。

肉の量が実際特盛りぐらい乗っかってきてますし、みそ汁なり漬け物なり他のサイドオーダーも頼む事を考えると吉野家でも800円近く掛かっちゃうんじゃないかな?そう考えて厚めの和牛使用も考慮して、俺的には大満足でした。食後にコーヒーも付きますしね。まあもう少し辛めの味付けならなお良いかなあ、とも思いましたが。

jojoen1.jpg
叙々苑牛丼ランチ 850円

jojoen2.jpg


叙々苑
http://www.jojoen.co.jp/html/

5月 14, 2004 うどん・蕎麦・和食, 新宿・四谷, グルメ・クッキング | | コメント (0) | トラックバック (2)